問題解決の「提案事例紹介」問題解決の「提案事例紹介」

問題解決改善事例

最新ECOベンダーシリーズ、押し通し曲げによる大R曲げ加工

2013年10月10日

1.従来の曲げ加工における大R曲げの問題とは?

大R.JPG


・従来の直交式CNCパイプベンダーでは、曲げ金型により曲げRが決まってくるため

   大R曲げ加工においては、

    ①複数の曲げRがある場合、曲げRの種類分、金型が必要です。
    ②対象設備により加工出来る最大曲げRが決まってしまう。

    そのため、一般的に大R曲げ加工においては、直交式CNCパイプベンダーによる場合は、
   小角、小送りを連続させたり、弊社マルチベンダー3点ロールベンダー
   プレス等でその都度工夫しながら曲げ加工を行っている。

    弊社ECO型パイプベンダーは従来工法の問題点を解決した次世代機である。
   それぞれのマシンには以下のような特質がある。

  ①マルチベンダー:曲げデータの作成が職人芸、曲げはきれい
  ②3点ロールベンダー:曲げデータの作成が職人芸、曲げRが大きい
  ③プレスベンダー:金型作成が大変難しい 曲げRの自在性大
  ④弊社ECO型パイプベンダー、小R曲げ、大R曲げ(押し通し曲げ)等すべての点で優れている。

2.最新ECOベンダー導入による効果は?

 ・押し通し曲げ加工が可能です。

   最新ソフトと送りを直接サーボモータで制御することにより、材料を送りながら
  曲げヘッドの開き角度により曲げRを調節し加工することが可能です。
  この工法により、小R曲げ加工と大R曲げ加工が連続して可能になりました。

 ・従来のドロー曲げ加工と押し通し曲げ加工を組み合わせることが出来るので
  小Rはドロー曲げ、大Rは押し通し曲げ加工と複数のRの組み合わせの製品も
  加工が可能になりました。

 ・材料をヒネリながら押し通し曲げを行うことで、
  バネ形状や美術曲線等任意形状の曲げが可能となりました。

 加工例
大R2.JPG

中部営業所 坂

お問い合わせはこちらへ



お問合せ・ご相談

株式会社オプトン本社工場お問合せ・ご相談は本社サービスコールまでお気軽にお問合せ下さい。
本社サービスコール:0120-51-3327

営業所のご案内

営業所のご案内愛知・大阪・群馬・東京・海外営業所がございます。