問題解決の「提案事例紹介」問題解決の「提案事例紹介」

問題解決改善事例

マルチベンダーリニューアルで加工時間10%短縮・操作性アップ(S社)

【部署】群馬営業所【投稿者名】遠山隆之【管理NO】

CNCマルチベンダー YPL型(1989年納入機)
※自動車用ルーフ部品曲げ加工設備

リニューアル

マルチベンダー設備の駆動系・制御系部品の老朽化から、故障が頻発しており生産が計画通りに行われない事が多い。又、高精度な加工が維持できず、不良品も多発している。

 マルチベンダーが稼働し23年経過しており、機械の
駆動系及び制御系部品が老朽化し故障が頻発するようになりました。

 また、機械に使用している部品の多くが生産中止となっており、
今後機械が故障した場合、復旧が困難な状況となってきました。

リニューアルAプラン(駆動系+制御系交換)

 産業用加工設備の多くは、稼働年数が長く、駆動系及び制御系の装置を最新型に
する事により今後も10年・15年と長くご使用頂けます。

 また、新規設備導入と比べ、約1/3の費用で最新設備と変わらない能力を発揮
出来る為、加工速度・操作性の向上が可能です。
   

駆動系・制御系部品の他に機械系・油圧系で摩耗・劣化している部品交換

 今回の設備は、23年お使い頂くうちに、機械の摺動部の多くが摩耗しており、
加工品の品質劣化が発生しております。この為、摩耗部品も交換・再調整する事により、
新規設備納入時と変わらない品質向上をねらいます。

 また、油圧系部品(主に、油圧ホース・パッキン類)が劣化し、
油漏れが原因による故障が発生している為、部品交換し機械性能の安定化を図ります。
 
 さらに、オプションの2次元レーザーセンサーで曲げ直後の製品を測定するリアルタイム加工形状計測を
行う事によりマスターデータと高速リアルタイム照合が可能となります。
これにより、従来機と比べ加工品の品質が安定し、後工程での品質確認時間が軽減できます。

加工時間10%短縮。操作性向上。品質安定。後工程検査不要。

・駆動系を最新型ACサーボモーターに交換する事により、速度が向上(約5%)し、
 故障頻度が低減する為、生産性向上とメンテナンス費用が低減します。

・制御系コンピュータを最新型にする事により、機械動作の処理にかかる時間が向上(約5%)します。

・また、曲げデーター作成はポイントtoポイントマニュアルインプット方式と3D‐CAD
 データインプット方式の2種あり、従来の操作性を引き継ぎながら、
 最新の操作画面の採用で、データー作成がしやすくなります。

・さらに、マスターデータと高速リアルタイム照合が可能になる為、
 曲げ加工誤差をベンダーにフィードバックさせ、より安定した製品加工が可能となります。

お問合せ・ご相談

株式会社オプトン本社工場お問合せ・ご相談は本社サービスコールまでお気軽にお問合せ下さい。
本社サービスコール:0120-51-3327

営業所のご案内

営業所のご案内愛知・大阪・群馬・東京・海外営業所がございます。