生産革命的提案事例生産革命的提案事例

エコキュート用熱交換器パイプの曲げ導入事例

 

【特徴】


1. 銅パイプをアンコイラーより引出し、潰し機にて丸パイプを偏平パイプにした後、
      パイプベンダーで螺旋状に複数段巻き上げる加工を一連で行うシステムです。
2. パイプベンダーで螺旋状に曲げ加工する事で、汎用性を持たせたシステムとなって
      おり、形状変更が発生した場合でも金型交換で対応可能としています。

 

【概要】


1. ボビンに巻かれた銅パイプをアンコイラーに搭載し、テンション装置にてパイプを
      引き出します。
2.テンション装置はアンコイラーから出てくるパイプの弛みを吸収する装置です。
3.アンコイラーから供給されるパイプを潰し機にて偏平に成形します。
4.偏平に成形されたパイプはパイプベンダー(S-ECO20-ST)にて複数段巻き上げら
  れます。
5.銅パイプを複数段巻き上げる為にワークサポートを配置してあります。これは銅
     パイプを複数段巻き上げると製品重量が重くなる為、バランス確保すると共に、
     加工完了後の排出装置も兼ねています。
6.巻き上げ完了後パイプベンダーの曲げロール後部に配したプレスカッター装置で
     パイプを切断します。プレスカットとする事で、銅の粉じんを無くしています。
7.切断完了後ワークサポート装置はワークをクランプした状態で払い出し動作を行
     います。
8.払い出された製品は作業者により取出され、次工程へと送られます。

 

 

レイアウト図を表示します  → 表示をクリックしてください 

 


お問合せはこちらから 

担当部署: 群馬営業所
担当者名: 宮原

お問合せ・ご相談

株式会社オプトン本社工場お問合せ・ご相談は本社サービスコールまでお気軽にお問合せ下さい。
本社サービスコール:0120-51-3327

営業所のご案内

営業所のご案内愛知・大阪・群馬・東京・海外営業所がございます。