デュアルフォーマシリーズ

インライン型非接触式3次元測定機

商品概要

デュアルフォーマシリーズ
1000×2000mm(タイプ2000)のテーブルの天井部、直交2軸(上下、横移動)、カメラ回転2軸の計4軸全てサーボ制御可能な3Dカメラを2台搭載。 デュアルフォーマはクラウドフォーマと同様に汎用形状を測定するタイプ(GE)と、パイプ測定専用のタイプ(PT)、その両方の併用が可能なタイプ(GP)の3機種を用意 パイプの中心線測定方式と、ありのままのパイプ外観、部品外形を測定する形状測定方式の機能を持ちます。この3D形状化したデータは±0.1mm程度の精度を実現、メカ検査治具同様の公差OK/NGチェックを実現。 パイプを置けば、レーザーで概形測定とその概形状に沿って、3Dカメラを移動しパイプの3D形状測定実施します。 また、測定ソフトウェアは弊社の3D測定機サーフタイザーの汎用外形ソフトとクラウドフォーマのパイプ測定ソフトを一体化します。 パイプ測定ソフトでは、パイプ加工形状自動フィードバック補正が可能。

特長

  1. 検具レスパイプ公差チェック機能 従来の検査治具と同様に指定位置のパイプ外形を自動測定し、CADデータと自動比較照合して、許容公差OK/NG判断。
  2. 曲げ加工誤差の自動補正 設計データと比較照合、誤差分の自動補正、展開長計算しフィードバック。
  3. 試作曲げの一発製品化 各種パイプ(材質、径、肉厚)を測定して、補正テーブルデータベース化、1本目から良品加工。
  4. インライン自動補正機能 曲げ加工したパイプを測定機上に置き高速測定し、2~3本置きにベンダーデータを自動補正。
  5. 付属部品等の形状測定機能 付属部品・端末加工・前出し長・後出し長の測定が可能
  6. 主機能 素管を曲げたパイプの中心線演算、自動補正、外観つぶれ検査、部品付きの曲げパイプのCADとの外観照合検査、検査表出力、部品単体の寸法検査。補正テーブルの保管、補正量演算。

シリーズ表

概略主仕様

型式

1000(GE/PT/GP) 2000(GE/PT/GP)

測定範囲(mm)

奥行き

高さ

1000

950

400

1800

950

400

パイプ測定機能

標準

標準

カメラ測定視野(mm)

縦x横

深度

300 x 225

500

300 x 225

500

カメラ分解能(140万画素)

測定ピッチ

0.25

0.25

精度(μm)

平面/段差 絶対値

平面/段差/球 繰り返し

20/30

15/20/50

20/30

15/20/50

1パッチ測定時間(sec)

2

2

外形寸法(mm)

奥行き

高さ

1150

1260

1420

2150

1260

1420

総重量(kg)

150

250



お問合せ・ご相談

株式会社オプトン本社工場お問合せ・ご相談は本社サービスコールまでお気軽にお問合せ下さい。
本社サービスコール:0120-51-3327

営業所のご案内

営業所のご案内愛知・大阪・群馬・東京・海外営業所がございます。