3Dパイプ曲げ干渉シミュレーションシステム

オフィスで干渉のない曲げデータを作成可能

商品概要

3Dパイプ曲げ干渉シミュレーションシステム
●加工マシン形状作成と保存
●加工金型作成と保存
●加工セル作成(組合せ)と保存
●3Dシミュレーション表示

1.加工マシン形状作成と保存

3次元モデリング機能を使用して、パイプベンダーの三次元モデルを作成し保存します。

データベース入力方式は、2DデータはDXF/HPGL、3DデータはSTL/IGES
に対応しています。

2. 加工金型作成と保存

3次元モデリング機能を使用して、金型の三次元モデルを作成し保存します。
データベース入力方式は、2DデータはDXF/HPGL、3DデータはSTL/IGES に対応しています。

3. 加工セル作成(組合せ)と保存

「①加工マシン形状作成」で作成したパイプベンダーの中から加工機種と、「②加工金型作成」で作成した金型の中から加工する金型を選択して、加工セル(仮想パイプベンダー)を作成します。

加工セルは、①加工マシン形状データと②加工金型データのセットで保存します。

4. 3Dシミュレーション表示

●曲げ加工データ(PRBデータ)を使用して曲げシミュレーションを行います。シミュレーションの表示は、パイプベンダーと、これと同期してワークの曲げ状態も表示します。更に、シミュレーション実行中に、パイプベンダーとワークとの干渉チェックを行います。
●干渉を検出した時は、対話形式で曲げ加工データの修正方法を選択することで、自動的に干渉を回避する曲げ加工データを作成します。
●シミュレーションでは、加工サイクル時間を測定することも可能です。

特長1.3Dアニメーション機能

ローディング工程・加工工程・アンローディング工程を3Dアニメーション表示することができ、視覚的にロボットの動きや、パイプの加工途中の形状も確認できます。
また、自由に視点を変えることが可能ですので、例えば通常確認できないような床面からみた動作や曲げヘッドに接近したビューを可能にします。

特長2.自動干渉判定機能

加工途中のパイプワークと機械との干渉が判定可能です。途中で干渉があった場合、アニメーションを中断し、どの工程のどの箇所で干渉が発生したか、確認できます。


特長3.干渉データ自動修正機能

加工途中に干渉が発生した場合でも、その干渉を回避する手段をシミュレーションソフトで自動判断し、解決法をユーザに提供します。ガイダンスに従い選択するだけで自動的に加工データを更新し、干渉のない加工データを作成することができます。

特長4.データ編集が自由

コンピュータ上で処理されますので、様々なテストパターンデータを作成することもできます。
ハードディスクやフロッピーディスクに保存できるので、いつでもデータを呼び出せます。

特長5.実機ベンダーとデータのやりとりが可能

実機ロボットベンダーのファイルフォーマットをサポートしていますので、実機の加工データをフロッピーディスク経由で簡単に取出し、編集することができます。

特長6.グラフィカルなユーザインタフェース

Windows2000/XP上で動作しますので、マウスやキーボードを使って編集やアニメーション操作を行うことができます。また、データ編集画面も実機ベンダーに合わせて構成されていますので、実機を使い慣れた方にも簡単に操作が習得できます。

特長7.金型カスタマイズ機能

シミュレーションソフトには標準の金型を添付していますので、パソコンにインストールをするとすぐに標準金型を使用することができます。また、金型を自由にカスタマイズする機能がありますので、金型の寸法を入力するだけでユーザオリジナルの金型データを作成することができます。オリジナルの金型データはデータベース上に登録でき、アニメーションで使用することができます。

特長8.素材特性もシミュレート

曲げ加工時の、ワークの伸びやスプリングバック特性も再現できますので、素材特性による干渉もチェックすることができます。

特長9.ヘルプ機能

画面やパラメータの説明を行います。操作が分からなくなった場合でもいつでもヘルプ機能を呼び出すことができ便利です。

シリーズ表

項目 内容
CPU Pentium3以上 
メモリー 512MB以上
OS WindowsXP
操作 マウスおよびキーボード



お問合せ・ご相談

株式会社オプトン本社工場お問合せ・ご相談は本社サービスコールまでお気軽にお問合せ下さい。
本社サービスコール:0120-51-3327

営業所のご案内

営業所のご案内愛知・大阪・群馬・東京・海外営業所がございます。